top of page
  • 執筆者の写真twig

縮毛矯正 ストレート 髪質改善  Q&A


縮毛矯正、ストレート、髪質改善についてQ&Aでお答えしております。ご来店の際の参考にされて下さい。








 


Q・ストレート、縮毛矯正などの種類を教えて下さい。



A・ツイッグの癖を改善できるメニューをお伝えいたします。



ツイッグには

ヘアチューニング。ストレート。縮毛矯正。ダブルストレート。4つのメニューをご準備しております。


全て癖毛に対応するメニューですが、お客様が希望される仕上がりや癖の状態によって相性が異なります。




「ヘアチューニング」


ヘアチューニングは普段、癖は気にならないけどボリュームは抑えたいという方におすすめしています。薬剤をつけて流すだけの施術になりますので時間やコストを大幅に削減できます。梅雨の時期など湿気が多い時だけ髪の調子が悪くなる方におすすめなメニューです。

ただし、癖が極端に強い方や、確実に癖を伸ばしたい方には不向きなメニューです。

カット込でも1時間30分~2時間弱で仕上がります。



「ストレート」


ストレートはヘアチューニングのプロセスにアイロン施術が入ります。アイロン操作が入ることで時間はかかりますが、ヘアチューニングよりも癖が伸び、持ちもよくなります。

このストレートは波状毛という大きく波をうつような癖毛には効果的ですが、縮毛と呼ばれるチリチリとした癖毛には対応できません。確実に癖を伸ばしたい方は縮毛矯正か、ダブルストレートをおすすめいたします。

2時間~2時間30分弱のメニューです。




「縮毛矯正」


縮毛矯正はストレートでは取りきれない癖を改善できます。

ただし、薬剤のパワーと、アイロンのプレスで髪が潰れやすくなり、毛先がシャキンとなりやすくなることがデメリットです。もちろん様々な工夫で、そうならない仕上がりを目指しますが、配慮しすぎると癖が伸びきれないことも…。パワーがある薬剤を使うが故に、その時の髪のダメージレベルにより仕上がりが異なります。一度髪を潰してしまうと、その後1年以上ヘアスタイルに影響がでますので慎重な施術が必要なメニューです。

3時間~3時間30分のメニューです。




「ダブルストレート」


縮毛矯正の副作用とリスクを最小限に抑える為に考案した、ダブルストレートというオリジナルの癖改善メニューです。毛髪が潰れる原因の一つでもあるアルカリによる軟化を最小限に抑えたメニューとなります。ダブルプロセスになりますので少しお時間を要しますが、リスクが少なく、ふっくらとした自然なストレートに近づけることができます。

施術時間は4時間です。



 



Q・髪質改善、酸性ストレートとはなんですか?



A・髪質改善や酸性ストレートも上記メニューと同じカテゴリーで、癖を改善するメニューの一つです。

髪の中で行われる仕組みは同じです。


ただ、結合を変化させる為の還元剤の種類と、その還元剤を適切に機能させる為のPH領域の違いがあります。


酸性ストレートや髪質改善は、矯正履歴がある方や、ヘアカラーを重ねている方など、何度も毛髪内部で還元と酸化がおこなわれた髪には効果的ですが、癖が強く毛質が太いバージン毛の方にはほとんど効果が得られません。




 


Q・チューニング、ストレート、縮毛矯正、ダブルストレートはどれくらいに一度すればよいですか?


A・季節や髪質、ダメージレベルにもよりますが、基本的にはお手入れがしづらくなった時が1番です。

上記メニューは一見、髪がサラサラになり手触りも良くなりますが、全て薬剤を使用します。ダメージは確実に蓄積しますのでなるべくやらない方向で考えられた方がよいです。癖が気になった場合のみの施術をおすすめします。

個人的にも縮毛矯正などは年に2回程で抑えたほうが髪に体力を残せると感じています。




 



Q・縮毛矯正してるけどパーマはかけれますか?


A・状態にもよりますがパーマはかけれます。

ただし、毛先のみのパーマがおすすめです。

ダメージレベルは最大級ですので、お家でのケアは怠らないようにしたいところです。

サロンでもできる限りトリートメントを追加されて下さい。



 


Q・縮毛矯正後のブリーチはできますか?


A・こちらも最大級のダメージレベルですが、矯正後のブリーチも可能です。

但し、縮毛矯正履歴がある髪と、そうでない髪ではブリーチの抜け方や色の入り方が異なります。ムラになりやすかったり、色がくすんだりと影響は様々です。

逆にブリーチ後の縮毛矯正はほぼできません。稀に1回程のブリーチ履歴で髪に体力が残っている方は可能な場合もありますが、とてもリスクのある施術になります。最悪の場合、髪が縮れたり、切れたりします。その場合修復はとても難しくなります。



 

Q・どんなメニューを選べばよいですか?



A・お客様ご自身でメニューを選ばれなくても、ご相談をいただければ髪質や仕上がりのイメージで適切なメニューをお選びいたします。

お客様は、仕上がりのイメージを共有するだけで大丈夫です。

癖を改善するメニューは髪の状態や仕上がりイメージに合わせて美容師さんが選ぶべきポイントです。




 




Q・縮毛矯正後のケアを教えてください。



A・矯正後は毛髪内部のたんぱく質が固く変化しています。ヘアサロンでのトリートメントケアはもちろんですが、ご自宅でも基本的なケアをがんばっていただきたいと思います。

基本的なケアとは、シャンプー、トリートメント、アウトバストリートメント、ドライです。これらを丁寧にしていただければ問題ないと思います。


例えば、シャンプーのお流しをしっかりする。トリートメントはしっかり揉み込んで少しでも時間を置く。お風呂上りは保湿剤を揉み込んで、なるべく早く完全に乾かすなど。普段使っているケアアイテムを適切に使用するだけでも効果は上がりますので今一度見直してみられて下さい。それでも良くならない場合は、アイテムの見直し。スタイリングの見直し。施術の見直し。食事や睡眠の見直しなどされてみてください。




 

0件のコメント

Comments


bottom of page